中心部にある戦争関連の場所へ

訪問日

2017年7月15日(土)

Note

15 July
夕方近くになり、シンガポールを離れる時間が近づいてきました。今回はせっかくフォーマーフォードファクトリーで日本占領時の展示を見たし、他の戦争関連の場所にも行ってみました。
こちらは、毎回のシンガポール旅行で必ず一度は目にする「日本占領時死難人民記念碑」です。
久しぶりに敷地内に入ってみました。
日本占領時に殺害された市民の為の慰霊碑です。

中央にある壺は、慰霊碑の下に納められている身元のわからない遺骸の甕を象徴しているそうです。
次に、そのまま歩いて南下してエスプラネードパークにある「リンボーセン記念塔」へ。
こちらの存在は全く知らなかったのですが、Former Ford Factoryで戦争関連の場所として紹介されていました。
リンボーセンは、日本占領下において抗日活動に尽くした英雄だそうです。
きちんと歴史的背景を学んで、こういう場所で何を思うか…。
と身構えるとなかなか敷居の高いところになってしまうのですが、まずは旅行中に時間を作って訪れてみる。それだけでもいいんじゃないかな、と思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。