遠足のオヤツその1アバカスとスーンクエ @Jia Ji Mei Shi

訪問日

2018年6月23日(土)午前8時頃

Note

この日は朝から遠足でした。
アメブロ時代からご覧いただいている方には「またかよ」と言われてしまいそうですが、猫島『セントジョンズ島』に行ってきました。

猫レポはまた別に記事を立てるとして、このセントジョンズ島ってのはカフェも売店も自販機もないところなので島で食べたり飲んだりするものはあらかじめ調達しないといけないのです。

飲み物はフェリー乗り場で買うとしても、何かお弁当持っていくならば乗り場へ行く前に手に入れておきたいところ。
過去にはチキンライスボールやお粥をテイクアウェイして持っていきました。

今回は、マックスウェルFCで調達することに決定!

FCに着いて「あれ、確かこんな看板だったよな」と並んでみたらリキシャヌードルだった(^^;

↑こちらも食べてみたいけど、今回は違う!

並びにあるこっちです! ↓

この時は私の他にお客さんは並んでいなかったけど、潮州系スナックを扱う人気ストールなのです。

ちょっと斜めで見にくくなっちゃいました

メニューは、スーンクエ 糯米 パンプキンクエ ヤムクエ アバカス とあります。
女主人が毎日手作りしているみたいですよ。(HungryGoWhere参照

私の狙いはこの、左上のアバカス! じつはここの、以前にも食べたことがあります。私アバカス好きなんですよねぇ。
そのお隣のラップがかかっているのがスーンクエ。

下段の糯米も美味しそうですね! プリンカップのようなものに入っているヤムクエとパンプキンクエも気になる…。

しかしここは決めていたアバカスと、スーンクエを2つ買ってみました。

紙に包んでお箸もつけてくれました。

島で広げてみると…ありゃりゃ。

アバカスとスーンクエ、包み一緒でいいよ~とアンティにお願いしたのですが、開けたらごっちゃごちゃ。別にしてもらえばよかった(^^;

アバカスです。

他のお店のアバカスはグレービーたっぷりのウェットなものもありますが、ここのはドライタイプ。

BugisとかShunfuのが「ニョッキ」だとすると、こちらは「田舎団子」みたいな。

きくらげの切り方も結構大胆。

チリは結構辛いです。

お次は、スーンクエ。

アバカスの具やチリと混ざってこんな色になっちゃってますが、本来きれいな白のはず…スミマセン。

皮はタピオカなのかな?モチモチ&つるんとした食感です。具は、切り干し大根的なものが入っています。こちらもオイシイ。

こんな風に海の近くでタイガー片手に食べました。

食べたものと値段

アバカス $2
スーンクエ $0.80/1pc 2個

Tips

  • どれも早くに売り切れるみたいなので、朝に行くべし
  • 持ち帰りの時は、それぞれ別の包みにしてもらおう…(^^;

お店情報

Jin Ji Mei Shi  金記美食
#96 Maxwell Food Centre
6:00-14:00

 

お気に入り度

☆☆☆   近くに行くときは寄りたい

過去の訪問 / 関連記事

最初のローカル飯はアバカス!@Maxell Food Centre

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。