スンゲイブロウ湿地保護区でサンデーウォーキング

訪問日

2018年6月24日(日)

Note

クランジから再度バスに乗って、向かったのは「スンゲイブロウ湿地保護区」
北西の外れにある、広い自然保護公園です。

海沿いを通るコースを歩いてみることにしました。
ネットで見て、かわいいと思っていたハゼ?のオブジェは調整中でした…。残念。

ズンズン歩いていきます。

今まで歩いてきたトレイルに比べ、熱帯雨林感がすごい。

そうそう、ここにはワニがいます。

そして、サルも。

ワニは、橋に差し掛かった時に同じくウォーキングをしていた家族が「クロコダイルだ!!」って水面を指さしてましたが、よくわからず。

土日はウォーキングしている人々も多いですが、平日は空いていると思われます。
一人旅の場合は、野生動物に遭遇することを考えると平日に訪れるのは避けた方が安全です。
敵意を持たれたらサルもワニも怖いですから。

さて、海沿いを歩いていくと向こう側に見えるのはマレーシアのジョホールバル。
お隣の国が見えてるって不思議。

こんな感じの展望デッキ?みたいなのもいくつかあります。
人がワラワラいたので上らなかったけど。

そうそうこの公園、日曜ということもあって外国人メイドさん達のピクニックスポットになってました。

↑このように、人が通るところやさっきのような展望デッキのたもとで大騒ぎしてます”(-“”-)”
ここに来るなら土曜がベストかな。。。

さらに歩いていくと、打って変わって静かなエリアに入ります。
大きなカメラや双眼鏡でバードウォッチング。

いろんな種類の野鳥がいるみたいなので、鳥好きの方は楽しそう。

ちょっと遠いけど、自然歩きを満喫できる場所でした。

アクセス

301 Neo Tiew Cres

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。