チャイナタウンでクラフトビール – Singapore Blonde Ale

訪問日

2017年10月23日(月)

Note

23 Oct 夕方
まだ空港に行くには早いのでチャイナタウンをブラブラ。
⬇︎の写真は2017年7月のものなんですが、パゴダストリートとトレンガヌストリートのコーナーに出来たオープンエアのレストラン。

ここね、2017年1月に行った時までは安い洋服屋さんだったんです…。

シンガポールやその他アジア、そしてオーストラリアの夏に着るにはちょうど良いリゾートワンピースやチュニックなどがあって、しかも1着$10とか。来るたび2~3着買ってたのですが、7月に行った時にはこうなっててショック(´・ω・`)
しかしよく見ると、前からちょっと気になってたビール「シンガポールブロンドエール」の生を置いてるみたいなので飲んでから空港向かうことにしました。
「スイマセン飲み物だけなんだけど…」と言ったら、端っこの柱の隣に案内された…
道路側とかもガラガラなのに(´;ω;`)
シンガポールのブルワリー「アーキペラゴ」のビールで、カラマンシーやパンダンリーフを使った爽やかなビールです。

サクッと飲むにはちょうど良かったかな。

後から知ったのですが、モスクストリートにアーキペラゴのビアバーがあるみたい。

飲むだけならそっちの方が良さそうね。

 

お店情報

店名等不明

お気に入り度

☆     残念ながら再訪なしでしょう
ビールは美味しいです!でもたぶん他の場所で飲む。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。