Pearl Bank、お前もか…

シンガポールのユニークな建物が、また一つ姿を消すことになりました。

『Pearl Bank Apartment』

チャイナタウンエリアから大通りを渡った丘の上に立つ高層マンション。

↑の写真では一見普通の建物ですが…

くるん♪と筒状になった珍しい形をしているんです。

1976年に建てられた、シンガポール初の高層住宅。

このパールバンク・アパートメントが大手デベロッパーのキャピタランドに売却され、この土地に2023年までに800部屋のタワーマンションができる計画なんですって。

古くなっているとはいえ、寂しいですねぇ。

ちょっと思いつくだけでも、まさにこの近所にあったパールズセンター、ブギスのロチョーセンター、リトルインディアのセラングーンプラザ…おなじみだった建物がその役目を終わらせていってます。

ピープルズパーク、お前はまだまだ現役でいてくれ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。