シンガポール遺産 チョンバル・バードコーナー

訪問日

2017年10月20日(金)

Note

20 Oct
チョンバルFCの帰りです。
チャイナタウンまで歩いて帰ろうかな?と思い、ついでに過去バスで通り過ぎるだけで見に行けなかったところに行きました。
センポーRdとチョンバルRdの交差点。
リンクホテルの端っこにあるバードコーナー。
おお、「ヘリテイジ・トレイル」てのがあるのか。
このテのトレイルって、最近いろんなところで見かける気がします。
でもFC巡りの間にいきなり見かけるから、なかなかそこで「よし、回ってみよう」とはならないんですよね。
「あらかじめどこにトレイルがあるかわかればいいのにな~」と思ったら
Rootsというサイトに載っていました!
これは次回以降使えそう♪
で、こちらのバードコーナー。
イエローの枠にブルーの吊りがステキ。
こちらは、シンガポールのいろんなところで今も行われている「バードシンギングコンサート」の棚です。
この、電車のつり革のようなものに鳥籠を吊るして鳥のさえずりを楽しむのですね。
一般的に日曜日の朝、アンコー(オジサン&オジイサン)達がそれぞれご自慢の小鳥ちゃんを連れて集まり、コーヒーを飲みながら「どうだい?俺の小鳥ちゃんいい声だろ?鳥籠も凝ってるぜぇ」みたいな会話をします。
しかし、ここチョンバルのバードコーナーは今となっては過去のものになってしまいました。
バードコーナー自体は残っていますが、お隣のリンクホテルができるのにしたがいそういった会合は行われなくなっているみたい。
寂しいですね・・・。
ここのバードコーナーのこと、というかバードシンギングコンサートというものがあると知ったのはまだシンガポールビギナーだった時に買った「地球の歩き方」でした。
その当時は「見てみたいな~」とは思いつつも、バスに乗るのが結構ハードルが高くて、かつチョンバルまで歩いて行くのも考えられず、行けないまま廃れてしまったのです。
残念。
でもここに立つと、コーヒー片手に鳥籠を見上げるアンコー達の姿が浮かんできますね!

チョンバルからアウトラムパークまで歩いてくると、ここにもまた一つ消えていく建物が。

かつてのパールズセンター。

もうすぐ再開発の為に取り壊されるでしょう・・・。
左手にある丸印の青いボードはタイガービールの電光看板だったんですよ。
(2007年撮影)
ガイドブックを持たずにシンガポールを旅するようになって久しいですが、何故か地球の歩き方2005年版だけ手元に残っているんです。
初めて買ったのは「わがまま歩き」でしたが、もう手放しちゃってます。
当時はマーライオンがまだ橋の内側にあったり、MRTもチャンギ空港まで出てなかったりパープル線もなかったような。全然今と違うんですよね。「あ~、こんなんだった!」って懐かしむ為にも取って置けばよかったな…。
Tiong Bahru Bird Corner
Corner Seng Poh Rd and Tiong Bahru Rd
Remember Singaporeの記事→

 

ameblo記事へのコメント

私も昔は地球の歩き方にがっつり頼っていました^^
一度ホテルの情報を提供して、うっかり本名で載ってしまったことがあります。
もう何十年も前なので、今は載ってないでしょうけど・・・
ちなみに、バードシンキングはあのBeo Crescentで見たことがあります。
4~5年前だと思うけど、そこももうやってないのかも・・・ By Leeさん

>Leeさん
そういえば、地球の歩き方って本名でクチコミ載ってますね(^^;)
Beo Crescentのバードシンギングは2年前に見に行きました。あの光景結構好きなので、残って欲しいなーと思います By una

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。