【懐古録】マレー鉄道シンガポール駅 その2 : 廃止寸前に撮った駅の写真であの頃を懐かしもう

2011年6月末にマレー鉄道の駅としての役割を終えたシンガポール駅タンジョンパガー駅とも呼ばれるけど、MRTタンジョンパガー駅とは別物です)。

その後も歴史的建造物として駅舎は残され、数年前まではたまに一般公開もされていたのですが現在は中に入ることはできません。(今後はMRTの駅として活用されるという話があります)

今回は…もう二度と見れない現役の頃のシンガポール駅を写真で振り返ってみよう!!

少し前に2006年に寝台に乗った時の記事をUPしているので、よろしければそちらも合わせてご覧ください。
関連: 【懐古録】マレー鉄道シンガポール駅 その1:寝台列車でクアラルンプールへ行った話

訪問日

2011年4月25日

Note

シンガポール駅の外観

マレー鉄道シンガポール駅はタンジョンパガー駅とも言われますが、MRTタンジョンパガーから南西に徒歩15分くらいとちょっと離れています。

駅前には大きな案内板がありました。

駅舎の前は広い駐車場があり、陽気なアンコーが料金係をしてました。

2011年当時、新しく買ったカメラでいろんな機能を試していたのですが何故かこの写真セピアで撮ってた…。

駅舎を正面から見たところ。

西洋っぽい建築ですよね。
看板はなく、一見、駅舎には見えません。

正面向かって左手のスロープ。

マレー鉄道のポスターが並んで貼られていました。

わざとレトロっぽいデザインにしたものなのか、それともだいぶ昔から貼られていたのでしょうか…。色褪せたポスターです。

シンガポールからバンコクまでのイースタン&オリエンタルエクスプレスの案内ですね。

駅コンコース

駅舎の中に入ってみます。

入ったところは広いコンコースになっているのですが、天井が高く田植えの様子等が描かれた壁画がありました。

こちらはKTM(マレー鉄道)のチケットカウンター

北行・南行の列車時刻表が貼られていました。

 

寝台の他、日中も多くの列車が往来していたのです。
(現在はマレーシア南端ジョホールバルのジョホールセントラルが終着駅。シンガポールのウッドランズとジョホールバルセントラル間はシャトルトレインで結ばれています)

シンガポール領内の駅とはいえ、ここはマレーシア政府出資の鉄道公社が運営していたので案内板の表示もマレー語が最優先です。

プラットホーム

プラットホームは2つ。

まずこちらは出発ホームの入口。

列車の出発時刻に合わせて開門するので、まだ扉が閉まっており入れません。

こちらは到着ホーム

売店がありました。車内に持ち込む飲み物やちょっとしたスナック日用品や本お土産物等が売られています。

この日は「列車が出発するのを見よう」と発車時刻に合わせて駅に行ったので、駅構内を見学しているうちに出発ホームには人が集まり出しました。

出発ホームには切符がないと入れないので、反対側の到着ホームから列車を見ることにしました。

といっても、柵があって出発列車が停まっているあたりまでは行けないので見えるは列車のオシリだけ。

プラットホームから駅舎側を見るとこんな感じで線路の端っこがあります。

バンコクのフアランポーン駅の美しさにはかないませんが、こういう櫛型ホームは良いですよね~。

変則イミグレーション

マレー鉄道シンガポール駅と言えば、変則的なイミグレーションが行われていたのが強烈に記憶に残っています。

出発ホームに入った時点ではもちろんシンガポールを出国をしていないのですが、ホーム上で先にマレーシアの入国手続きをするんです。

こちらでまずマレーシア入国手続きを済ませて列車に乗り、シンガポール北端のウッドランズでシンガポール出国手続きをするという流れ。

今となっては懐かしい。

さようならマレー鉄道シンガポール駅

到着ホームから、列車が出発するのを見送りました。

その様子を動画に撮った…はずなのに、使い慣れないカメラで操作をミスって撮れていなかったという思い出(´;ω;`)

一緒にいた友達が撮った動画をもらったはずなのに見当たらないので、見つけたら更新しようと思います。

現在はマレー鉄道も高速化されて、2016年にJBからKLまで寝台に乗るチャンスがあったと思ったのに乗車数日前に寝台も廃止になって新しい車両の特急になってしまいました。

これ

2006年に寝台に乗った時に撮った機関車の写真がこれ。

高速化して利便性は上がるけど、やっぱり味気ないよね。
この寝台、もう一度乗りたかったなぁ…。

いかがでしたでしょうか。
「昔、シンガポール駅からマレー鉄道乗ったよ!」って方に懐かしんでもらえたら嬉しいです。

シンガポール駅編、もうちょっと続きます。
次回、駅構内にあった食堂の写真を放出予定!

2件のコメント

  1. ワタシはジョホールバルからシンガポールまで乗りました!イミグレでかなり待たされた記憶が…。シンガポールに入るときは、麻薬犬の横を通らされた!そして夜もとっぷり暮れていたのに、シンガポール駅から歩いてベンクーレンのベイビューホテルまで、なぜか歩いて帰ったんです。娘と2人でした。あの頃はゲンキだったわ~。

  2. lovehorseさん>
    昔のジョホールバルのイミグレーションって暗くて怖くて、しかも混雑してましたよね~。今のビルができて雰囲気がガラリと変わってビックリしました。
    シンガポール駅からベンクーレン!歩くにはかなりありますよね!!スゴイっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。