シンガポール航空機内食 SQ630 SIN-HND

フライト情報

2019年3月23日(土)
SQ630 シンガポール 17:25 – 羽田 1:00
機種 Boeing 777 – 300ER

Note

2019年3月シンガポールは、3泊だけだったのでいつも以上にあっという間に帰国の途へ。

MRTでチャンギ空港に到着し、出国の際に上を見ると『JEWEL』

オープンは4月で、この時は看板しか見られなかった…。
(ついでに言っておくとオープン後だったGWにも一瞬シンガポールに来たのにJEWEL見る時間がなかったというね)

出国を済ませて、GSTの手続きして…

時間があったので、また PriorityPass で使えるSATSのラウンジで休憩しました。
特に前回と変わったこともないので、ラウンジについては過去記事ご参照ください。

今回の帰国便は2018年12月に増便されたSQ630 
チャンギ17:25発はいいけど、羽田到着が夜中の1:00というクセモノの便です。
往路もおかしな時間(羽田2:30発)だったので4万円台前半と安かったのですが、その代わり羽田到着時には公共交通機関は動いてないので空港で夜明かしする以外は宿泊代やタクシー代等がかかるというね。

その辺どうしたかはまた次回の記事でレポしたいと思います!

なんだか曇り空の中、羽田に向かって出発。

ウェルカムドリンクはシンガポールスリングを頂きました。

私何気にこの豆とクラッカーの入っているSQのおつまみ好きです。

SQ630の機内食ですが、さすがにこの時間帯の飛行なので1回だけ。

インターナショナルセレクションを選択しました。

メインは「Braised Chicken in Grainy Mastard Sauce」
(チキン蒸し煮、粒マスタードソース)

ポテトとブロッコリー…奥はかぼちゃだったかな?
すごく美味しいって訳でもなかったですが、チキンも柔らかく美味しかったです。

前菜「Tuna with Coleslaw Salad」

日本語メニューが(まぐろとコールスローサラダ)になっているので、マグロのぶつ切りみたいなのが出ると思った人もいるかもしれない…(^^;

こちらも、見たままのお味といった感じ。

特に印象に残らない機内食でしたが、デザートのアイスクリームがビックリ私好みだった!

Coconut Caramel (Gula Melaka) そう、大好きなグラメラカフレーバー!

香ばしさのあるグラメラカ風味が美味しかったです。
コレいいね。

今回のシンガポール食レポは多分これで終了です。
この後は羽田泊レポと猫歩きやホステル、お買い物等2019年3月分少々続いた後にGWシンガポールの食レポ…とUP予定です<(_ _)>

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。