【2019年10月シンガポール】DAY2: セントーサのマーライオンにさよなら告げてきました(´;ω;`)

日付

2019年10月18日(金)

Note

シンガポール2日目の朝です。
ちょっと早めの7時半くらいに始動。というのも、昨日はお得意の「バタンキュー」をしてしまい、何もせずに気絶して5時に目が覚めてたのだった…。

今回泊まっているホテルはサウスブリッジロードに面していてCUBE同様すごく便利。
ただ、一つ失敗したと思っていることが…。窓付きの部屋にしたところ外の音がお部屋にダイレクトIN!ただでさえ車通りもあるのに、ヒンズー寺院からの歌やお経そしてタイミングよく祭りやってるらしくて騒音がすごいよ(´;ω;`)

次回は窓なし部屋にしよう。 きっとチャイナタウンのミニホテルやバックパッカーなんかはどこもそんな感じでしょうね。ショップハウスを改築しているところも多いので元々防音機能はなさそう。

ところで、朝歩いているとミミ君を発見!

亡くなったというタイガーのお友達
この子がいてホッとした。近くに寄りたかったけど、オジサンの足元にいたので遠巻きに写真を撮っただけ。

朝っぱらから向かったのはホーカー…ではなくこんなところです!

シンガポールによくあるエクササイズ器具が置いてあるHDB下の公園
前々から使ってみたいと思ってて…。
うんていとか、高鉄棒とか、日本じゃ大人が使えるところ全然ないじゃないですか。

で、誰も使ってなさそうな早朝に行こう!と思ったらこの有様です。
太極拳グループがいくつも集っていて、器具を使っているアンコー、アンティー若い人もいっぱい!
すごいなぁ。日本もこういう場所作ったらお年寄りも健康になりそう。

私もちょっと恥ずかしかったけど負けずに懸垂もどきや平行棒でコアトレーニング等、ちょっと息荒くなるくらい運動しました!ああ楽しいなこれ。

まぁそんなことしてたら当然朝ごはんも出かけるのも押すわけで。
9時に食べに行こうと思ったのに10時近くなってた。

おなじみの老舗「九記」ですよ!

実はインスタでここのアンコーが年内でお店辞めるつもりらしい…という情報を見ましてね。行っておこうと。

そして、定番の豚粥に…お隣は魚生ではありませんよ。

アンコーご自慢の「生腸」です。
豚の子宮…ですって。さっきググってみたらなるほど「コブクロ」ってやつか。
これがね…とっても美味しくてびっくり。

アンコーに「あれすごい美味かった!」と言い残して、私は20日に営業終了となるセントーサ島のマーライオンへ向かいました。
せっかく偶然にもその期間にいるのでね。土日は混みそうだから、平日に行っておこうと。

そんでハーバーフロント着いたらすごい人!!

「えええ、これみんなセントーサ行くの?」

と思ったけどそんなわけなく、何かのイベントがあるみたいでした。
どうもね、こういう時周りの人が同じ場所行くように錯覚してしまうんだよね。

初めて徒歩で渡ってみました。

実際にはセントーサ島はそこそこ空いてました(^^;

取り壊しが決まっているマーライオン様ですっ!来たぜ!

上る前にある展示とかすごいじっくり見てしまった。
そしてマーライオンの口の中から世界を見る!

↑岩みたいなのはマーライオンの牙です。

シッカリと楽しんできたよ、ありがとうマーライオン

そこからまたバスに乗ってやってきたのはクレメンティ~

ここでも初体験。
インディアンロジャってのを初めて食べました。

自分で具を選ぶ、ヨントーフみたいな食べ物ですがいったい自分が何を選んだかもよくわからなかった(笑)

さらに西に向かってIMMでスポーツウェアなどをアウトレット価格で買いまして、チャイナタウンに戻って来たよ。

かわいい猫さん達にも会えました。

色んなとこで猫さんに出会えるシンガポールいいにゃぁ。

ホテルに戻って…ゆっくり休憩する暇もなくまた出かけ…

ホッケンミーを食べました。

一見、プレートと麺の感じがゲイランLor29っぽいけどジャランベサールにあるコーヒーショップのホッケンミーです。

なぜそこで食べたかと言うと、その後プールに行ったから!

いつもプールのないホテルに泊まるので、どこかで入れないのかなぁとあれこれ調べたらシンガポールの公営プールって誰でも入れるらしく「ナイトプール」しちゃいました(^^; 人も少なくてお手軽でいいぞ~。

で、プールの後にはご褒美でプラスマイナスゼロ(?!)

フライドオイスターのお夜食。美味かった!!

さらにホテルに帰ってから、チャイナタウンのお店でかったパンダンシフォンまで食べでしまった…。

朝晩運動して、2万歩以上歩いたけど、摂取カロリーの方が消費カロリーを大きく上回っているのでしょうね… ( ;∀;)

(リアルタイムで19日夜中…ダメだ今日の分書く余裕ナシ…今日も日記追いつけなかった)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。