カンポングラムにもあったプトゥピリン @Salaz Putu Piring

訪問日

2017年7月15日(土)

Note

15 July
猫さん達に癒された後、歩いて10分程のマレー街「カンポングラム」エリアへ。
ここら辺、かなり久しぶりに来ましたがエライことになってます。
ハジレーンにオシャレなカフェやらブティックが出来て話題になってる…とは聞いていたけど、スゴイ人。
皆様、セルフィー三昧です(^^;
ススス…とすり抜けてこちらへ。
カフェの一角にプトゥピリンのストールがあると聞きまして。
プトゥピリンといえばHaig Road FCが唯一無二の存在(前回は、新たにマカン本に掲載されたお店のためにジュロンまで行ったのに閉業してて撃沈)でしたが、シティ中心部でも食べられるなんて嬉しい!
お店の奥で蒸し器がスタンバイされてます!
ストールのアンティーは、ネット記事によると朝はMRTの駅員さんをしてて夕方からここでプトゥピリンを作っているんですって。
1パケット下さ〜いというと、蒸し始めてくれます(#^^#)
ややあって、小さな包みが出来上がりました!
可愛い〜プトゥピリンです!
持ち帰って空港で食べようかな?と思っていてのですが、温かい包みを受け取ったら今食べなきゃ!と思い、カフェのアンコーにコピオをお願いしました。
ちなみにこちらのカフェには、ドリアンチェンドルやサワーソップアイスブレンドなどローカルなデザートやドリンクも色々あるみたいです。
さて、初めてHaig Road以外で食べるプトゥピリン。
ふわっとソフトなライスケーキにグラメラカが、たまらん!(正確には,こちらで使ってるのはマラッカ産グラメラカでなくインドネシア産の”グラジャワ”だそうです。うーむ奥が深いな…)
そしてこちらのココナッツフレークもちょっと塩気があって一緒に食べると塩スイーツみたいないいアクセントなんです。

Haig Roadはグラメラカがとろ~りとしているのに対して、こちらはもっとさっくりしています。 これはお好みでしょう。

ライスケーキもHaig Roadに負けず劣らず美味しいと思いました!
帰り際「セダップセダップ」言ったら、アンティーも喜んでましたよ♪
駅員さんのお仕事もして大変だと思いますが、貴重なプトゥピリンのストール続けていってほしいです。
何だかあったかい気持ちになってお店を出ました。
よくわからないけど「私はほんとの”カンポングラム”に出会ったんだ」みたいな気持ちでした。(笑)
Haig Roadに比べアクセスしやすい場所にあるので、是非食べてみてください(^^)

お店情報

Salaz Putu Piring
21 Baghdad Street (Ole Ole内)
火~金 16:00-20:00
土日 14:00-20:00
Cafeの営業時間とは異なりますのでご注意を

 

お気に入り度

☆☆☆☆  これを食べることを入れて日程を組む

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。