【懐古録】2007年8月③ベトナム 戦争証跡博物館と絶品ソフトシェルクラブ

特典航空券で行った初めてのホーチミン。
まだまだ1日目だ…。

日程

2007年8月17日 ~27 日
8/17 – 19 ホーチミン
8/19 – 22 シンガポール
8/22 – 27 サムイ島
この記事は1日目・8月17日午後

ショックを受けた戦争証跡博物館

お昼を食べてから引き続き街歩き。

こちらは統一会堂
入らなかったけど…。

ちゃんと社会主義ってものをうまく説明できない不勉強野郎ではありますが、街のあちこちに「社会主義っぽい~」と思わせる建物やプロパガンダ看板がいっぱいあります。

次に向かったのが「戦争証跡博物館」

ベトナム戦争の遺品や写真などを展示している博物館。
庭には、実際に使われた爆弾や、戦闘機、戦車もありました。

戦争当時の写真も豊富で、もちろん沢田教一の「自由への逃避」もありました。
他に米軍による拷問の方法だったり、戦死体の写真など目を覆いたくなるものばかり。

「枯葉剤」の影響で奇形になった胎児のホルマリン漬けが目線の高さでいくつも展示されていたり…。
(ここには2016年にも行ったけど、改装されて綺麗になったと同時に展示内容もだいぶソフトになっておりホルマリン漬けは展示数が減ってあんまり近くで見れないようになっていたような気がする。違ってたらすみません)

そんなホルマリン漬け展示をバックにキャッキャ自分達の写真撮ってた某国のツアー団体を見て別の意味で度肝抜かれましたけどね…。

「たった30年前(当時)には戦争していた国なんだよね…」ってしみじみ感じました。
2011年と2016年に再訪した時はあんまりなかったのですが、この2007年に行った時は実際街中でも物乞いや片足または両足を失って歩けない人、火傷で顔が崩れてしまっている人が道を歩く観光客に手を差し出している光景をよく見ました。

「グルメだショッピングだ」って手放しに楽しめないような…街を歩いているとそんな気分になるのでした。

◆絶品ソフトシェルクラブのから揚げ @ Quan 94

一旦ホテルに戻ってシャワーで汗を流してから再び外へ。

市民劇場がライトアップされて綺麗でした。

そうそう、ベトナムは天秤を担いで商売している物売りが多い。
こちらはワッフルを焼いて売っていました。

天秤で炭が入った大きな鍋をぶら下げて、その場で焼くんですね。

この日のディナーは少し離れたところにあるカニ料理店「Quan 94」
普通はタクシーで行く距離なのだが…空港からの1件でタクシーウンザリしてしまったので、歩いて向かったら結局30分位かかってしまった。

例によって道は歩きにくいし、スマホもない時代だから地図広げながら「こっちで合ってるんだろうか…(´;ω;`)」泣きそうになりながら店を目指しました。暗くなってきちゃったし。

画質陳謝

一応、当時から日本人に人気のお店で日本語メニューなんかもあったけど、この時は店内で日本人私だけだった…。

厨房は入口すぐに位置していて、大鍋で蟹スープ煮込んだり唐揚げを豪快に揚げる様子が見れました。

まず食べたのは蟹春巻き

蟹の身がいっぱい詰まっていてアツアツで美味しい~!
これだけでおなかイッパイになりそうだったけど、メインは

ソフトシェルクラブのから揚げ!

オーストラリアって天ぷらとか唐揚げとか巻いたスシが人気なのですが、「スパイダーロール」っていうソフトシェルクラブのから揚げを巻いたスシが好きで。いつかソフトシェルクラブおなかいっぱい食べてみたかった!

これがま~~~美味いこと。
いつもスシで食べてたのよりずっと大きくて、ぎっしりと身が詰まって、衣はサクサクで夢中で食べちゃった。

そして結局帰りも流しのタクシー使うのが怖くて30分歩いてホテルに帰ったのでした…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。