【懐古録】2007年8月④べトナム やっぱりベトナムと言えば生春巻きを食べなきゃね

まだまだホーチミン。
2日目はエステに行った後、生春巻きとバインセオを食べました。

日程

2007年8月17日 ~27 日
8/17 – 19 ホーチミン
8/19 – 22 シンガポール
8/22 – 27 サムイ島
この記事は2日目・8月18日昼過ぎ頃まで

たっぷり4時間のエステ体験

ホーチミン2日目の朝です。
ホテルの朝食はビュッフェ形式で最上階にあるレストランにて。

中央奥が人民委員会庁舎、左中央がレックスホテル、左手前がタックスデパート
2021年現在はだいぶこの風景も変わっているんでしょうね。高層ビルもバンバン建ってるし。

2日目の朝ごはんの写真はなく、↑の風景写真だけでした。
朝食会場は日本人ばっかり。

この日は「サイゴンスパ」というスパで4時間コースを予約してたのです。
フラワーバス、ハーバルスチームバス、フェイシャルにボディで確かUS$120くらいという信じられない値段。

しかも!
送迎付きで、街外れまでミニバンで行ったらその後ボートに乗り換えて(笑)到着したのがココ!

一軒家…というか城ですわ。

至福の4時間を過ごしました。
でもここ、次にホーチミンに行った2011年には閉店しちゃったのですよ…。

またボートに乗って街まで。

この川沿いに立つ巨大広告看板がいいね。

◆「WRAP & ROLL」の生春巻きとバインセオ

14時までエステだったのでおなかペコペコになって街の中心ドンコイ通りの「WRAP & ROLL」へ。
こちらはベトナム春巻きの専門店。

窓際で食べてる方々もおそらく日本人。
ガイドブックに載っていて小綺麗なお店はだいたい日本人ばかりで日本語のメニューもあった。

ベトナムのビールと言えば333(バーバーバーと読む)

にんじんやしいたけ、豚のひき肉なんかが入った生春巻きを食べました。

生春巻き、揚げ春巻き、それにからし菜で巻いた春巻きなど種類いっぱいありました。

それと食べてみたかったバインセオ

「ベトナム風お好み焼き」と紹介されることが多いですが、ちょっと違う。

米粉の薄い生地でモヤシや豚肉などの具を巻いたクレープみたいなもの。

これを更に葉っぱに巻いてタレつけて食べます。

美味しかったです!

サイゴン大聖堂・郵便局までぶらぶら

食後のお散歩。

古臭いけど絵になる建物が多いね。

こちらはサイゴン大聖堂

この辺は観光客いっぱい。

すぐ近くに中央郵便局もあります。

ココがまた独特の雰囲気があって良いです。

ちょっとしたお土産物屋さんもあって、ポストカード買ってそのまま窓口から日本の友達に出してみました。

ずらっと公衆電話が並んでいます。
ここから国際電話をかけるのかな??

おねえさんこんなところでお昼ごはん食べた?

…というのは冗談で、丼の中身はなんとでした!
これで封をして手紙を出すのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。