【懐古録】2007年8月⑤ベトナム 絶対食べたかったベトナムプリンとオミヤゲに買ったもの紹介

ホーチミン2日目の午後です。
美味しいと聞いていたベトナムプリンを食べに行きました。

日程

2007年8月17日 ~27 日
8/17 – 19 ホーチミン
8/19 – 22 シンガポール
8/22 – 27 サムイ島
この記事は2日目・8月18日午後

ホーチミン街中の人々

相変わらずテクテクと自分の足で街を歩いて行きます…。

でもタクシーやツアーバスじゃなくてゆっくり自分で歩いていると、この土地に生きる人々が良く見えます。日本とも、シンガポールとも、オーストラリアとも全く違う雰囲気で、まだまだ東南アジアの国を知らないこの頃はとても新鮮に映りました。

風車をこんな風に売ってる。

古めかしいコカ・コーラの看板の下は、食堂かな?

家族で経営してるのでしょうか。
子供たちが仕込みのお手伝いをしていました。

◆「Kim Thanh」(キムタイン)のベトナムプリンとコーヒー

次に向かったのは、この旅でどうしても食べたかったベトナムプリンの有名店。

「KIM THANH」(キムタイン)です。

日本のガイドブックにも必ず載るようなお店で、かなり潤っているのか綺麗なお店でエアコンもきいていたような気がします。

ベトナムコーヒーとプリン!
できればあのアルミのフィルターで落とすタイプのコーヒーが良かったが。濃くて甘くて美味しい。

小ぶりなプリンはカラメルたっぷりで美味しそう。

固めの”アンチなめらか”みたいな手作りプリン。
正直、日本のプリン偏差値はかなり高いのでビックリするほど美味しいというわけではないけど、オーストラリアから来た自分にはなんか懐かしくもあり美味しかった。

この時プリンは8000ドン(約35円)だったけど、4年後に再訪した時には14000ドン(約62円)に値上がりしてました…。まぁそれでも安いけど。

セミオーダーのアオザイと今回買ったオミヤゲ

昨日オーダーしたアオザイを取りに行く。
ここは「Mangrove」という仕立て屋さんです。

好きなパターンを選ぶと細かく採寸してピッタリフィットのアオザイを作ってくれる。
試着してみたら何も直すところがなかったのでそのまま持ち帰りました。
勿論アオザイだけでなく、ワンピースやブラウスなども作ってもらえるみたいです。

早速ホテルで写真撮る(笑)

ピッタリに仕上げてくれて$30でした。安い!
(4年後にも同じところで作って、$35)
日本だとなかなか着る機会がないかと思いますが、オーストラリア在住の頃はパーティとかでたまに来てました(^^; 別にこれを着て街中歩いていても変な目で見られることもないし。

今回買ったオミヤゲはこちら~

アオザイちゃんのキーホルダーとストラップはばら撒きに最適で、喜ばれました。
それとベトナム茶器スキンケアバーバーバーとタイガー(SGより安かった)、コーヒー&フィルターバインセオの素(結局うまく作れずだったが)、ココナッツキャンディ蓮茶

スーパーのプリンも買ってみたけど、あなた誰かに似てるね?

それと寒天デザートみたいなの。

ベトナムのお金を撮っていた。

たまに日本ではありえないくらいボロボロの紙幣が回ってきたりする(^^;
あと桁が大きいから扱いにくいのよね…。

この日の夕飯の写真が残ってないのだけど、食べなかったんだろうか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。